VB6 - ADO で SQL Server に接続する

VB6ADO で SQL Server に接続する

スポンサーリンク

データーベースを使うにあたって、接続の確立と接続を閉じる術は必ず知っていなければなりません。以下のコードでは SQL Server に Windows 認証で接続し、その直後に接続を閉じています。

VB6 では ADO になります。Driver には {SQL Server} を指定してください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' 接続文字列を生成する
    Dim stConnectionString As String
    stConnectionString = stConnectionString & "Driver={SQL Server};"
    stConnectionString = stConnectionString & "Server=ServerName;"
    stConnectionString = stConnectionString & "Database=Northwind;"

    ' ADODB.Connection の新しいインスタンスを生成する
    Dim cAdoConnection As ADODB.Connection
    Set cAdoConnection = New ADODB.Connection

    ' データベース接続を開く
    Call cAdoConnection.Open(stConnectionString)

    ' 接続に成功した旨を表示する
    Call MsgBox("SQL Server に接続されました")

    ' データベース接続を閉じる (正しくは オブジェクトの破棄を保証する を参照)
    If Not cAdoConnection Is Nothing Then
        If cAdoConnection.State <> ObjectStateEnum.adStateClosed Then
            cAdoConnection.Close
        End If

        Set cAdoConnection = Nothing
    End If

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク