J#(Java) - ADO.NET で SQL Server に接続する

J#(Java)ADO.NET で SQL Server に接続する

スポンサーリンク

ADO.NET で SQL Server に接続するには、System.Data.SqlClient.SqlConnection クラスの Open メソッドを使用します。接続先や方法は、接続文字列と呼ばれる情報によって Open メソッドよりも前に指定しておく必要があります。

この接続文字列は、System.Data.SqlClient.SqlConnection クラスの ConnectionString プロパティにて指定します。接続文字列は、一連のキーワードに対する値のペアをセミコロンで区切った形で指定されます。

通常は Windows 認証で接続を確立するため、以下のプロパティだけを覚えていれば良いでしょう。その他のキーワードについては、ConnectionString プロパティから調べてください。

キーワード名 説明 規定値
Data Source
または
Server
または
Address
または
Addr
または
Network Address
接続する SQL Server のインスタンスの名前またはネットワーク アドレス。
Initial Catalog
または
Database
データベース名。
Integrated Security
または
Trusted_Connection
使用できる値は、True、False、Yes、No、および SSPI (推奨) です。
SSPI, Yes, True の場合は、現在の Windows アカウントの資格情報が認証に使用されます。
False の場合、ユーザーID とパスワードを接続文字列で指定する必要があります。
False
Connect Timeout
または
Connection Timeout
サーバーへの接続を待機する時間 (秒単位)
この時間が経過するまでは、接続の試行を繰り返します。
この時間が経過した後は、終了エラーを生成します。
15

データーベースを使うにあたって、接続の確立と接続を閉じる術は必ず知っていなければなりません。以下のコードでは SQL Server に Windows 認証で接続し、その直後に接続を閉じています。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

J# 全般
    // 接続文字列を生成する
    String stConnectionString = System.String.Empty;
    stConnectionString += "Data Source         = ServerName;";
    stConnectionString += "Initial Catalog     = Northwind;";
    stConnectionString += "Integrated Security = SSPI;";

    // SqlConnection の新しいインスタンスを生成する (接続文字列を指定)
    System.Data.SqlClient.SqlConnection cSqlConnection = (
        new System.Data.SqlClient.SqlConnection(stConnectionString)
    );

    // データベース接続を開く
    cSqlConnection.Open();

    // 接続に成功した旨を表示する
    MessageBox.Show("Microsoft SQL Server に接続されました");

    // データベース接続を閉じる (正しくは オブジェクトの破棄を保証する を参照)
    cSqlConnection.Close();
    cSqlConnection.Dispose();

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク