VB6 - 乱数 (ランダムな数) を浮動小数で取得する

VB6乱数 (ランダムな数) を浮動小数で取得する

スポンサーリンク

VB6 では、Math モジュール内の Rnd 関数を使用します。Rnd 関数は、0.0 から 1.0 までの単精度浮動小数を返します。

単純に乱数を発生させる場合は、乱数 (ランダムな数) を取得する をご覧ください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' 乱数を格納するための変数を宣言する
    Dim dRandom As Single

    ' 0.0 以上 1.0 以下の乱数を取得する
    dRandom = Math.Rnd()

    ' 取得した乱数を表示する
    Call MsgBox(CStr(dRandom))

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク