VB6 - MDI 親フォームを設定する

VB6MDI 親フォームを設定する

スポンサーリンク

VB6 では、まず MDI 親フォーム専用のフォームである MDIForm をプロジェクトに追加する必要があります。そして、MDI 子フォームとなるフォームには、MDIChild プロパティを True にしておきます。MDIChild プロパティは実行時では、読み取り専用プロパティですので、必ず画面デザイナから初期設定してください。

画面に表示する際は、必ず MDI 親フォームから表示するようにしてください。MDI 子フォームから表示しますと、MDI 親フォームのインスタンスが勝手に生成されることがあります。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' MDI 親フォームのインスタンスを生成する
    Dim cParentForm As MDIForm1
    Set cParentForm = New MDIForm1

    ' MDI 子フォームのインスタンスを生成する
    Dim cForm1 As Form1
    Set cForm1 = New Form1

    ' MDI 親フォームを表示する
    Call cParentForm.Show(vbModeless)

    ' MDI 子フォームを表示する
    Call cForm1.Show(vbModeless)

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク