VB.NET - MDI 親フォームを設定する

VB.NETMDI 親フォームを設定する

スポンサーリンク

MDI (マルチ ドキュメント インターフェース) フォームを作成するには、その親子関係を設定する必要があります。まず、MDI の親となるフォームの、IsMdiContainer プロパティを True に設定し、自分が親コンテナであることを設定します。これは、画面デザイナから初期設定しておくことが多いかと思います。(もちろんコードで実装しても問題ありません)

そして、MDI の子となるフォームの MdiParent プロパティを MDI の親フォームのインスタンスに設定します。MDI 親フォームは、複数の MDI 子フォームを持たせることはできますが、逆はできません。つまり、MDI 子フォームの親は単一であることに注意してください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB.NET 全般
    ' MDI 子フォームの新しいインスタンスを生成する
    Dim cFormChild1 As New FormChild()
    Dim cFormChild2 As New FormChild()
    Dim cFormChild3 As New FormChild()

    ' このフォームを MDI コンテナとして設定する (デザイナから初期設定した場合は不要)
    Me.IsMdiContainer = True

    ' 3つの MDI 子フォームの親をこのフォームに設定する
    cFormChild1.MdiParent = Me
    cFormChild2.MdiParent = Me
    cFormChild3.MdiParent = Me

    ' 3つの MDI 子フォームを表示する
    cFormChild1.Show()
    cFormChild2.Show()
    cFormChild3.Show()

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク