VB6 - ファイルを削除する

VB6ファイルを削除する

スポンサーリンク

VB6 では、Kill 関数か、FileSystemObject (FSO) の DeleteFile メソッドを使用します。なるべく、FileSystemObject の DeleteFile メソッドを使用するようにしてください。

FileSystemObject を使用する場合は、[プロジェクト] メニューの [参照設定] を選択して「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けてください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' FileSystemObject (FSO) の新しいインスタンスを生成する
    Dim cFso As FileSystemObject
    Set cFso = New FileSystemObject

    ' ファイルを削除する
    Call cFso.DeleteFile("C:\Hoge.txt")

    ' 読み取り専用ファイルの場合でも削除する
    Call cFso.DeleteFile("C:\Hoge.txt", True)

    ' 不要になった時点で参照を解放する (Terminate イベントを早めに起こす)
    Set cFso = Nothing

以下は、Kill 関数を使用した例です。(お勧めしません)

VB6.0 以前
    ' ファイルを削除する
    Call Kill("C:\Hoge.txt")

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク