VB6 - コントロールの配列を作成する

VB6コントロールの配列を作成する

スポンサーリンク

VB6 では、実行時に配列を振る必要はないのですが、デザイナで 1 つ、コピー元になるコントロールを配置しておく必要があります。また、そのコピー元の Index プロパティを画面デザイナから 0 に設定しておいてください。(実行時の設定はできません)

新しいコントロールを追加するというよりは、コントロールを複製するという動きになります。そのコピー元は Index プロパティが 0 のコントロールで、Load ステートメントを使用することで複製されます。この時、Visible プロパティは False になっていますので、True にする必要があります。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
' Load イベントで配列を動的に作成してフォームに加える
Private Sub Form_Load()
    Dim i As Integer

    For i = 1 To 9
        ' Load ステートメントを使用してコントロールを作成する
        Call Load(Me.Text1(i))

        ' ここで、プロパティなどを必要に応じて設定します
        Me.Text1(i).Text = "Text" & CStr(i + 1)
        Me.Text1(i).Top  = Me.Text1(0).Top + (240 * i)

        ' 初期値で False になっているので True にする
        Me.Text1(i).Visible = True
    Next i
End Sub

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク