VB.NET - 文字列を連結する

VB.NET文字列を連結する

スポンサーリンク

文字列の連結には Concat メソッドという静的メソッドを使うことができます。ですが、以下に示すようにその他にも色んな方法があります。どの方法も、Concat メソッドを通しており、速度も変わりませんので好きな方法を利用してください。

C# では string, VB.NET では String という型を使用しますが、実際には System.String というクラスを使用しています。(別名で定義されていると考えれば良いでしょう)C#, VB.NET, J# ともに、文字列を型のように扱うことが可能で「+」などの演算子で連結することが可能なのです。(内部的には「オペレータ演算子」というものが定義されています)

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB.NET 全般
    ' stTarget を文字列 "123" とする
    Dim stTarget As String = "123"

    ' stTarget に文字列 "456" を連結したものを stTarget に格納する
    stTarget = stTarget & "456"

    ' stTarget に文字列 "789" を連結したものを stTarget に格納する (代入演算子を使った方法)
    stTarget &= "789"

    ' stTarget に文字列 "ABC" を連結したものを stTarget に格納する (Concat メソッドを利用)
    stTarget = String.Concat(stTarget, "ABC")

    ' 連結した文字列を表示する
    MessageBox.Show(stTarget)

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク