J#(Java) - 文字列の一部をバイト単位で取り出す (LeftB, MidB, RightB)

J#(Java)文字列の一部をバイト単位で取り出す (LeftB, MidB, RightB)

スポンサーリンク

旧システムなどの外部連携のために、テーブルに格納するデータにバイト制限をかける場合があります。良くあるのが、半角を 1 バイト、全角を 2 バイトでカウントして規定の長さに収めるなどです。

System.String クラスの Substring メソッドでは、文字単位でしか指定ができません。というよりは、半角または全角という概念は消滅しつつあります。(Unicode や UTF-8 の文字コードを参照)

VB6 では LeftB, MidB, RightB などの関数で、バイト単位での文字の取り出しができました。StrConv 関数などの合わせ技で文字コードを変えてから、使用していました。

半角は 1 バイト、全角は 2 バイトという考えは、Shift_JIS という文字コードの考えです。つまりは、Shift_JIS にエンコードしてやれば、半角 1 バイト、全角 2 バイトでのバイト数が取得できます。

System.Text.Encoding クラスから GetEncoding メソッドを実行し、ここで Shift_JIS の Encoding のインスタンスを取得します。そのインスタンスから、GetBytes メソッドを使用することで、Shift_JIS での文字コードを格納した System.Byte 型の配列ができます。この配列に対して、先の Encoding のインスタンスから GetString メソッド を使用し、どの位置から何バイトを System.String として返すかを指定できます。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

J# 全般
import System.*

/********************************************************************************
 *
 *      Microsoft.VisualBasic.Strings をカバーした静的クラスです。
 *
 ********************************************************************************/

public class VBStrings {

  #region LeftB メソッド

    /*********************************************************************************
     *      文字列の左端から指定したバイト数分の文字列を返します。
     *
     * @param   stTarget    取り出す元になる文字列。
     * @param   iByteSize   取り出すバイト数。
     * @return              左端から指定されたバイト数分の文字列。
     *********************************************************************************/
    public static final String LeftB(final String stTarget, final int iByteSize) {
        return MidB(stTarget, 1, iByteSize);
    }

  #endregion

  #region MidB メソッド (+1)

    /*********************************************************************************
     *      文字列の指定されたバイト位置以降のすべての文字列を返します。
     *
     * @param   stTarget    取り出す元になる文字列。
     * @param   iStart      取り出しを開始する位置。
     * @return              指定されたバイト位置以降のすべての文字列。
     *********************************************************************************/
    public static final String MidB(final String stTarget, final int iStart) {
        final System.Text.Encoding hEncoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
        final ubyte[] ubtBytes = hEncoding.GetBytes(stTarget);

        return hEncoding.GetString(ubtBytes, iStart - 1, ubtBytes.length - iStart + 1);
    }

    /*********************************************************************************
     *      文字列の指定されたバイト位置から、指定されたバイト数分の文字列を返します。
     *
     * @param   stTarget    取り出す元になる文字列。
     * @param   iStart      取り出しを開始する位置。
     * @param   iByteSize   取り出すバイト数。
     * @return              指定されたバイト位置から指定されたバイト数分の文字列。
     *********************************************************************************/
    public static final String MidB(final String stTarget, final int iStart, final int iByteSize) {
        final System.Text.Encoding hEncoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
        final ubyte[] ubtBytes = hEncoding.GetBytes(stTarget);

        return hEncoding.GetString(ubtBytes, iStart - 1, iByteSize);
    }

  #endregion

  #region RightB メソッド

    /*********************************************************************************
     *      文字列の右端から指定されたバイト数分の文字列を返します。
     *
     * @param   stTarget    取り出す元になる文字列。
     * @param   iByteSize   取り出すバイト数。
     * @return              右端から指定されたバイト数分の文字列。
     *********************************************************************************/
    public static final String RightB(final String stTarget, final int iByteSize) {
        final System.Text.Encoding hEncoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
        final ubyte[] ubtBytes = hEncoding.GetBytes(stTarget);

        return hEncoding.GetString(ubtBytes, ubtBytes.length - iByteSize, iByteSize);
    }

  #endregion

}

使用例は以下のようになります。

J# 全般
    // 必要な変数を宣言する
    String stTarget = "ABCDEF";

    // 左端から 6 バイトの文字列を取得する
    MessageBox.Show(VBStrings.LeftB(stTarget, 6));        //ABCD

    // 左端から 4 バイト以降のすべての文字列を取得する
    MessageBox.Show(VBStrings.MidB(stTarget, 4));         //CDEF

    // 左端から 4 バイト目から 5 バイトの文字列を取得する
    MessageBox.Show(VBStrings.MidB(stTarget, 4, 5));      //CDE

    // 右端から 3 バイトの文字列を取得する
    MessageBox.Show(VBStrings.RightB(stTarget, 3));       //EF

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク