C# - Excel を起動または終了する

C#Excel を起動または終了する

スポンサーリンク

COM を利用して Excel を操作するのにあたり、まずは起動と終了方法について熟知している必要があります。起動して終了するだけですので、Excel ブックがない (子ウィンドウがない) 状態で表示されますが、雰囲気だけでも掴めると思います。

Excel アプリケーションは、Excel.Application のインスタンスを生成し、Visible を true に設定することで表示されます。終了させる場合は Quit メソッドを使用しますが、その後に System.Runtime.InteropServices.Marshal クラスの ReleaseComObject メソッドを使用して、COM オブジェクトを解放しなければなりません。

COM オブジェクトを扱うことになります。必ず、COM オブジェクトの参照カウントを解放する をご覧ください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

C# 全般
    // Excel.Application の新しいインスタンスを生成する
    Excel.Application xlApplication = new Excel.Application();

    // Excel を表示する
    xlApplication.Visible = true;

    // 1000 ミリ秒 (1秒) 待機する
    System.Threading.Thread.Sleep(1000);

    // Excel を終了する
    xlApplication.Quit();

    // COM オブジェクトの参照カウントを解放する (正しくは COM オブジェクトの参照カウントを解放する を参照)
    System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlApplication);

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク