VB6 - テキストを全選択状態にする

VB6テキストを全選択状態にする

スポンサーリンク

VB6 では、SelectAll メソッドのようなものは存在しません。SelStart プロパティで先頭位置にカレットを設定し、SelLength プロパティに Text プロパティの文字数を文字数を設定することで、全選択状態にします。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' Text1 のテキストを全選択状態にする
    Me.Text1.SelStart = 0
    Me.Text1.SelLength = Len(Me.Text1.Text)

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク