VB6 - 先頭または末尾にある空白の文字を削除する

VB6先頭または末尾にある空白の文字を削除する

スポンサーリンク

VB6 では、Trim$ 関数、LTrim$ 関数、RTrim$ 関数を使用します。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
    ' 処理対象となる文字列変数を宣言する
    Dim stTarget As String
    stTarget = "   1234   "

    ' 先頭と末尾に連続する空白の文字を削除する
    Call MsgBox("[" & Trim$(stTarget) & "]")

    ' 先頭に連続する空白の文字を削除する
    Call MsgBox("[" & LTrim$(stTarget) & "]")

    ' 末尾に連続する空白の文字を削除する
    Call MsgBox("[" & RTrim$(stTarget) & "]")

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク