VB6 - 文字列を削除する

VB6文字列を削除する

スポンサーリンク

VB6 では、Left$ 関数と Mid$ 関数を使えば容易に可能です。.NET Framework に倣って、このような関数を組みます。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
' -------------------------------------------------------------------------------
'       文字列の指定した位置から指定数の文字を削除します。
'
' @Param    stTarget    削除対象となる文字列。
' @Param    iStart      削除を開始する位置。
' @Param    iCount      削除する文字数。
' @Return               指定した位置から iCount 分の文字数が削除された文字列。
' -------------------------------------------------------------------------------
Public Function RemoveString(ByVal stTarget As String, ByVal iStart As Integer, ByVal iCount As String) As String
    RemoveString = Left$(stTarget, iStart) & Mid$(stTarget, iStart + iCount + 1)
End Function

使用例は以下のようになります。

VB6.0 以前
    ' 文字列を格納するための変数を宣言する
    Dim stTarget As String
    stTarget = "ABC1234DEF"

    ' 3 文字目の後から 4 文字を削除する
    stTarget = RemoveString(stTarget, 3, 4)

    ' 削除後の文字列を表示する
    Call MsgBox(stTarget)

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク