VB6 - 他のプログラムを起動する

VB6他のプログラムを起動する

スポンサーリンク

VB6 では、Shell 関数を使うか、Win32 API の ShellExecute 関数を使用します。ShellExecute 関数を使用する場合は、General 部で以下の宣言をしておいてください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
Option Explicit

' ShellExecute 関数
Private Declare Function ShellExecute Lib "SHELL32.DLL" Alias "ShellExecuteA" ( _
    ByVal hWnd         As Long,           _
    ByVal lpOperation  As String,         _
    ByVal lpFile       As String,         _
    ByVal lpParameters As String,         _
    ByVal lpDirectory  As String,         _
    ByVal nShowCmd     As EnumShowCommand _
) As Long

' ShowCommand 列挙体
Private Enum EnumShowCommand
    OpenWindow = 1
    IconWindow = 2
    FullScreen = 3
    NoActivate = 4
End Enum
VB6.0 以前
    ' メモ帳を起動する
    Call Shell("Notepad", vbNormalFocus)

    ' ファイルを指定してメモ帳を起動する (空白文字がある場合は、ダブルクォーテションで括る)
    Call Shell("Notepad C:\Hoge.txt", vbNormalFocus)

    ' 規定のエディタで Bitmap ファイルを開く (関連付け起動)
    Call ShellExecute(Me.hWnd, "Open", "C:\Hoge.bmp", ByVal 0&, ByVal 0&, EnumShowCommand.OpenWindow))

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク