VB6 - 指定した 2 つの数値のうち大きい方の数値を取得する

VB6指定した 2 つの数値のうち大きい方の数値を取得する

スポンサーリンク

VB6 では、Max メソッドのようなものはありませんが、値を比較するだけの話ですので、If ステートメント 1 つで事が足りるわけです。IIf を使うよりはということで、紹介だけしておきます。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB6.0 以前
' ------------------------------------------------------------------------
'       指定した 2 つの数値のうち大きい方を返します。
'
' @Param    iValue1     比較する 2 つの数値の最初の数。
' @Param    iValue2     比較する 2 つの数値の 2 番目の数。
' @Return               指定した 2 つの数値のうち大きい方の数値。
' ------------------------------------------------------------------------
Private Function Max(ByVal iValue1 As Integer, ByVal iValue2 As Integer) As Integer
    If iValue1 >= iValue2 Then
        Max = iValue1
    Else
        Max = iValue2
    End If
End Function

使用例は以下のようになります。

VB6.0 以前
    ' 数値を格納するための変数を宣言する
    Dim iMax As Integer

    ' 2 つの数値のうち大きい方の数値を取得する
    iMax = Max(12, 13)

    ' 取得した数値を表示する
    Call MsgBox(CStr(iMax))  '13

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク