VB.NET - 「名前を付けて保存」ダイアログを表示する

VB.NET「名前を付けて保存」ダイアログを表示する

スポンサーリンク

CommonDialog である「名前を付けて保存」ダイアログを表示するには、System.Windows.Forms.SaveFileDialog クラスの ShowDialog メソッドを使用します。ShowDialog メソッドは、どのボタンを選択したかを戻り値にて取得可能です。

以下の例では、オプションを担うプロパティが列挙されていますが、必要ないものは削ってください。

サンプルコード

以下にサンプルコードを示します。

VB.NET 全般
    ' SaveFileDialog の新しいインスタンスを生成する (デザイナから追加している場合は必要ない)
    Dim SaveFileDialog1 As New SaveFileDialog()

    ' ダイアログのタイトルを設定する
    SaveFileDialog1.Title = "ここにダイアログのタイトルを書いてください"

    ' 初期表示するディレクトリを設定する
    SaveFileDialog1.InitialDirectory = "C:\"

    ' 初期表示するファイル名を設定する
    SaveFileDialog1.FileName = "ここに初期表示するファイル名を書いてください"

    ' ファイルのフィルタを設定する
    SaveFileDialog1.Filter = "テキスト ファイル|*.txt;*.log|すべてのファイル|*.*"

    ' ファイルの種類 の初期設定を 2 番目に設定する (初期値 1)
    SaveFileDialog1.FilterIndex = 2

    ' ダイアログボックスを閉じる前に現在のディレクトリを復元する (初期値 False)
    SaveFileDialog1.RestoreDirectory = True

    ' [ヘルプ] ボタンを表示する (初期値 False)
    SaveFileDialog1.ShowHelp = True

    ' 存在しないファイルを指定した場合は、
    ' 新しく作成するかどうかの問い合わせを表示する (初期値 False)
    SaveFileDialog1.CreatePrompt = True

    ' 存在しているファイルを指定した場合は、
    ' 上書きするかどうかの問い合わせを表示する (初期値 True)
    'SaveFileDialog1.OverwritePrompt = True

    ' 存在しないファイル名を指定した場合は警告を表示する (初期値 False)
    'SaveFileDialog1.CheckFileExists = True

    ' 存在しないパスを指定した場合は警告を表示する (初期値 True)
    'SaveFileDialog1.CheckPathExists = True

    ' 拡張子を指定しない場合は自動的に拡張子を付加する (初期値 True)
    'SaveFileDialog1.AddExtension = True

    ' 有効な Win32 ファイル名だけを受け入れるようにする (初期値 True)
    'SaveFileDialog1.ValidateNames = True

    ' ダイアログを表示し、戻り値が [OK] の場合は、選択したファイルを表示する
    If SaveFileDialog1.ShowDialog() = DialogResult.OK Then
        MessageBox.Show(SaveFileDialog1.FileName)
    End If

    ' 不要になった時点で破棄する (正しくは オブジェクトの破棄を保証する を参照)
    SaveFileDialog1.Dispose()

関連するリファレンス

準備中です。

スポンサーリンク