UFJ NICOS (ニコス) - VIASO カード

UFJ NICOS (ニコス) - VIASO カード

スポンサーリンク

UFJ カードまたは NICOS カードから発行されている VIASO カードについて紹介します。

メモした当時の情報ですので現在は状況が変わっているかもしれません。昨今改悪が相次いでおりますのでそのあたりの責任は持てません。掲載されている情報については自己責任でお願いします。

UFJ NICOS (ニコス) - VIASO カード の基本情報

年会費 永年無料
利用可能額 10 ~ 100 万円
支払方法 一括払い Or リボ払い Or 「楽Pay」選択
ポイント還元率 0.5% ~ 11% (VIASO e ショップ利用時)
国際ブランド VISA
特筆すべき機能 VIASO e ショップから経由して買い物することでボーナスポイントあり。
発行元が UFJ か NIOCS かで若干ポイント付与条件が異なる。
1 年間で 1,000 ポイント以上貯めると現金で自動キャッシュバック、1,000 ポイント未満の場合は消失するので注意が必要。

年会費は永年無料です。国際ブランドは VISA のみです。

VIASO カードのポイントプログラムは 1 年で 1,000 ポイント以上貯めることによって、指定口座に自動キャッシュバックされる仕組みを持っています。通常ポイントは商品券や品物での交換が多いですから、現金によるキャッシュバックは嬉しいです。ただ 1 年で貯まったポイントが 1,000 ポイント未満の場合は消失します。ここだけは注意が必要です。

次にポイント制度についてです。

UFJ NICOS (ニコス) - VIASO カードのポイント制度

ポイント制度名称 VIASO ポイントプログラム
1 ポイントの価値 5 円
基本ポイント UFJ ・・・ 1 ヶ月の利用総額合計 1,000 円につき 1 ポイント。[0.5% 還元]
NICOS ・・・ 明細単位で 100 円につき 0.1 ポイント。[0.5% 還元]
ボーナスポイント VIASO e ショップに掲載されているショップで買い物をすると付与される。[1% ~ 10% 還元]
「楽Pay」によるポイント 「楽Pay」に登録して買い物をすると基本ポイントが 1,000 円につき 2 ポイントになる。[+0.5% 還元]

発行元が UFJ か NICOS かでポイント付与の方法が異なります。UFJ ブランドは 1 ヶ月の利用総額合計 1,000 円単位で 5 ポイントですが、NICOS ブランドは支払明細 100 円単位で 0.5 ポイントになります。特別な人でない限りはどちらのカードでも還元率はあまり変わりません。

VIASO カードを利用する意義は VIASO e ショップです。掲載されているショップが他のショッピングモールサイトに比べて多いです。ネットで買い物をして特別加算されるボーナスポイントを頂くことに集中すべきカードになります。ではどんなショップがあるのでしょうか? 私が利用しているショップを抜粋してみました。

VIASO e ショップに登録されているお店一覧

ショップ名 ボーナスポイント
[ショッピングモール]
楽天市場 1%
Yahoo! ショッピング 2%
livedoor デパート 1%
[本・CD/DVD]
楽天ブックス 2%
紀伊国屋書店 3%
セブンアンドワイ 3%
オンライン書店 ビーケーワン 5%
イーブックオフ 5%
[通販サイト]
ニッセン 2%
セシール 1%
ベルメゾンネット 2%

他にもたくさんショップはありますので、最新情報は VIASO e ショップでご確認ください。

「楽Pay」(楽ペイ) について

「楽Pay」というのは、オリコ UPty と同じ方式の「ある時払いのリボ払い」です。支払金額は最高 10 万円に設定できます。10 万円以内に納まるように利用すればリボ払い手数料がかかりません。「楽Pay」に登録すると「楽Pay」によるボーナスポイントがもらえます。通常ポイント 1,000 円に 5 ポイント付与が、1,000円 につき 10 ポイント (還元率 1%) になります。ちなみに支払い金額が 1 ヶ月 10 万円を超えても電話をして繰上返済をすればリボ払い手数料はかかりません。

先に VIASO カードのポイントプログラムは 1 年で 1,000 ポイント以上貯めないとキャッシュバックされない旨を書きましたが、この「楽Pay」の登録により通常ポイントが倍になりますのでその道のりは半分になります。さらに VIASO e ショップの利用によってさらに近づきます。VIASO e ショップを利用しないパターンで考えても年間 10 万円買い物をすればキャッシュバックされます。VIASO e ショップをうまく利用すれば年間 5 万円程度でキャッシュバック対象になるでしょう。

実際の還元率

以上を加味して実際の還元率を弾き出しますと「楽Pay」利用時なら最低 1%、VIASO e ショップの利用で最低 2% ~ 最高で 11% になることがわかります。実際に良く利用されるであろう楽天市場で考えてみましょう。

  • 通常のポイント ・・・ 0.5% 還元
  • 「楽Pay」によるポイント ・・・ 0.5% 還元
  • 特別加算ポイント ・・・ 1.0% 還元
  • (楽天スーパーポイント ・・・ 1.0% 還元)

合計 2% になります。実際にはこれに楽天市場での楽天スーパーポイントがついて還元率は 3% になります。

ここで楽天カードを競わせてみましょう。楽天カードは楽天でのカードの利用でポイント 2 倍、金曜日に利用することでポイント 3 倍と堂々と宣伝しています。しかしこのうちの 1 倍分は楽天カードを利用しなくても付与される楽天スーパーポイントです。それに楽天カードを利用したことによるクレジットカードのポイントがついて 2 倍、金曜日に利用することでもう 1 倍分ポイントがついて 3 倍と言っているだけです。つまり金曜日の還元率は 3% ということです。

ここで気付いたと思いますが、楽天市場で楽天カードを利用すると金曜日で 3% 還元。VIASO カードなら「楽Pay」を利用することで曜日に関係なく 3% 還元です。つまり VIASO カードの方がお得である。そう結論付けているクレジットカードの情報サイトは多いです。しかしこれは誤りであると私は考えています。このあたりについて知りたい方は、なるべく安く楽天市場で買い物をする方法 にまとめましたのでご覧ください。

どんな人にお勧めできるか?

  • VIASO e ショップに掲載されているいくつかのショップを頻繁に利用する人
  • ポイントは面倒だし現金のキャッシュバックの方が良いと考えている人
  • ネットショップでの保険を重視したい人
  • ついでに三菱東京 UFJ 銀行での利用手数料を軽減させたい人 (詳しくはオールワンを調べてください)。

スポンサーリンク